corona style  幸福(しあわせ)な暮らしづくり「コロナ住宅」

ecobox[エコボックス]

断熱についてinsulation

外貼り断熱工法+野地裏断熱+基礎内側断熱の
トリプル断熱で 冬暖かく夏涼しい家を実現しています。 外貼り断熱には、業界最高水準の断熱材
『ネオマフォーム』を採用しています。

ネオマフォーム

高い断熱性、安全性、長期断続性能、環境性能。

最も断熱を重視しなければならない壁部には、旭化成の断熱材『ネオマフォーム』の外貼り断熱を施します。それにより、柱の外側で断熱するので、夏・冬を通して壁体内も室内と近い環境になり、室内との温度差が少なくなります。そのため、壁体内の結露の可能性も少なくなります。

 NEOMA

また、ボード状の断熱材を柱の外側から張り、継ぎ目に気密テープを貼るだけで気密施工が完了します。だから、隙間が空いて湿気が壁体内に侵入する可能性も軽減できます。

充填断熱工法
外張り断熱工法

ボード状の断熱材を柱の外側から張り、継ぎ目に気密テープを貼るだけで気密施工が完了します。だから、隙間が空いて湿気が壁体内に侵入する可能性も軽減できます。 野地裏の吹き付け断熱により、夏場の暑さが、屋根から伝わってくることを防ぎ、夏場の2Fでの暑い現象(ほてり現象)を防ぎます。また、吹き付け断熱により、気密性能が向上し、湿気が室内に流入する事を防ぎます!

コロナ住宅では、経験値だけでなく学術上の理論値を大切にしております。特に外皮性能を示す「外皮性能値Ua値」、建物のすき間の面積を示す「すき間係数C値」を重要視しております。 お客様の建物におきましても、外皮性能値Ua値は計算理論値を、すき間係数C値については事前の予想値をお伝えすることが可能です。

コロナ住宅では、実際に建てて頂いた家のUa値やC値をお伝えしております。実際に建てて頂いお客様のコメントとして、雑誌記事にもその値が記されています。

コロナ住宅で建てて頂いたお客様の家の性能値

健康に暮らすためのコロナ住宅の『断熱基準』

コロナ住宅では、技術的、科学的に第三者機関に実証された家を建てています!

お客様に幸せで健康にお住まい頂くために、断熱性能の向上を目指しています。

エネルギーパス第三者認証 認証書BELS評価書

コロナ住宅の建物は、第三者機関である日本ERI株式会社より、エネルギーパスでは最高ランクのS+、そしてBELS評価方法でも最高ランクの☆☆☆☆☆(5スター)を獲得しております。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019 優秀賞受賞
0268-38-1200資料請求はこちら見学会申込はこちら