独自の技術開発力で「人に喜ばれる仕事」に邁進いたします。

「信州の冬でも暖かく過ごせる頑丈な家をつくりたい」という情熱のもと、昭和46年上田市に立ち上がった小さな技術集団が当社の起源です。

静止空気を利用した独自の断熱理論に基づくエアポット工法と、さらなる進化を遂げたエアポットW工法の確立、そして独自の鉄骨・木造構造の確立と強化など、独自の技術を活かして、信州の厳しい気象条件に適う住宅建設の実績を積み重ねてまいりました。

革新的な技術開発に挑み続けて45年余、我々のフィールドは住宅から大型建造物、土木工事、特殊技術の応用による工法開発など多岐にわたり、また、独自の研究開発力と技術力の高さが認められ、大手メーカーへの技術提供も行っております。

これからも研究開発の歩を緩めることなく独自の技術にこだわり、機動力を兼ね備えた技術集団として、「人に喜ばれる仕事をしよう」という社是の実現にむけて精進してまいります。

今後ともより一層のご愛顧とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

コロナ技建株式会社
代表取締役
松澤克人

コロナ技建株式会社 会社概要

写真:コロナ技建本社

本社
長野県上田市本郷766-1
創業
1971年
事業内容
総合建設業、一級建築士事務所、不動産コンサルティング業務等
保有資格
一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士、二級管工事施工管理技士、
測量士、宅地建物取引主任者、不動産コンサンルティング技能士、インテリアコーディネーター、
ファイナンシャル プランナー、溶接技術検定者、建築物の応急危険度判定士
取引銀行
八十二銀行、上田信用金庫、長野県信用組合
主要取引先
旭化成建材株式会社、センクシア株式会社、ダウ化工株式会社、株式会社小泉中部

上田市消防団協力事業所表示証上田市消防団協力事業所
コロナ技建では地域の消防防災力を高めるため、
地元上田市の消防団に協力しています。

表彰状画像長野県安全運転管理者協会からコロナグループ職員が表彰されました
コロナグループでは組織全体で安全運転・交通事故防止に取り組んでいます。その働きかけと成果が認められ、長野県安全運転管理者協会から担当職員が表彰を受けました

会社沿革