Y.T. Y.T.

INTERVIEW先輩インタビュー

日々の経験が
すべて仕事の「糧」になる
建材施工設置担当

Y.T.

ここがPOINT!1にも2にも経験を積んで、自分の技術・知識を高めていくことで仕事が楽しくなる。そんな会社です。

日々の暮らす街の中に、自分が携わった現場がたくさんある。街を作っていく「やりがい」を感じながら成長できる仕事です。

子どもの頃から大工に憧れがあり、高校時代には建築を専攻していました。高校卒業後に就職したのは造園業の会社でした。その会社に6年ほど勤めた後に、建築に関連する仕事についてみたいと考え、コロナグループに転職しました。他分野からの転職で、右も左もわからないところからスタートでしたが、先輩方に現場でイチから教えていただきました。

最初は先輩社員に叱られたり、注意されたりすることが多かったのですが、入社して2年が経った今はそれもなくなってきたと感じます。現場を知ることで暗黙のルールや動き方がわかるようになり「最近いいね~。わかってるね~」と褒められることも多くなったかなと思います(笑)

現在は、アンカーの運搬と施工、架台(アンカーフレームの加工)組み立てに関する業務を主に担当しています。また、設置施工を円滑に行うための発注者であるゼネコン各社と調整や交渉を行うこともあります。

だんだんと責任のある仕事をさせていただくようになり、一つひとつしっかりと仕事に取り組んでいきたいと思うようになりました。
車で長野県内外の色々な地域を走っていると、自分が携わった現場を見かけることがよくあります。その数の多さに驚くこともあるくらいです。

完成した建物を見ると、さまざまな思い出がよみがえるのですが、実は、入社してまだ日が浅い時期に大きな失敗を経験しているんです。
経験不足・確認不足が原因でアンカーの設置位置を間違えたままコンクリートを打設してしまい、色々な人に迷惑をかけてしまいました。

しかし、このときに同じ部署の先輩はもちろん部長や社長まで、本当にたくさんの方が助けてくださいました。真摯に反省しながらも、会社のあたたかさを感じました。コロナグループはそんな会社なんです。
採用応募フォームへ

OTHER INTERVIEW

募集要項・エントリー
GUIDELINE / ENTRY