corona style  幸福(しあわせ)な暮らしづくり「コロナ住宅」

ラインナップLineup

鉄骨構造+二重断熱
エコジオ

シリーズ最高の二重断熱工法で冬暖かく夏涼しい、丈夫で長持ちする鉄骨構造のハイグレードな高断熱高気密住宅

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

二重断熱(エアポット・W工法)

鉄骨造には、骨組みの外側と内側の両面に高性能の断熱材ネオマフォームを配し、構造材の周囲を密閉された空気層で取り囲む二重断熱を採用。
これにより、鉄骨構造の最大の弱点といわれるヒートブリッジ現象(構造材自体を伝って熱が出入りしてしまう現象)をシャットアウト。いつも室温が一定で「冬暖かく、夏涼しい」暮らしをお届けします。

壁の断熱材の構造説明図

床パネル

オリジナル断熱床パネル

鉄骨土台の上に、4層からなる床パネルを施工。断熱材には、断熱性、耐水性にすぐれた板状の断熱材ポリスチレンフォームを使用しています。
断熱材に切れ目が入るという弱点をパネル施工によって改善し、床下からの冷気を完全に遮断します。

床パネルの構造説明図

基礎

基礎構造

鉄筋を配した高強度のベタ基礎により、頑丈な構造を支えます。また、オプションでコロナ独自の基礎断熱工法もご選択いただけます。
基礎断熱を施すことで、床下の温度を安定させ、ワンランク上の高断熱を実現することが可能です。

ベタ基礎施工例写真

構造躯体

独自の鉄骨構造

在来工法の手法に鉄骨を用いた独自の鉄骨構造で、強度と設計の自由度を高めました。
間柱や根太など二次的な部材も鉄骨を用い、防錆処理をおこなっているためシロアリや腐食の心配がなく、丈夫さが長持ちします。

ベタ基礎施工例写真

屋根

断熱屋根パネルと瓦下通気層

夏の日差しにさらされる屋根は断熱の重要なポイント。コロナ住宅では、高性能の断熱材と野地板を一体にした断熱屋根パネルと特殊アルミ製ルーフィングで熱の伝わりをカット。
さらに、瓦の下に通気層を設けることで、空気を流動させて温度の上昇を防ぎます。特殊アルミ製ルーフィングは、熱を反射させるほか、防水性にも高い効果を発揮します。
また、小児白血病の原因ともいわれている電磁波を遮蔽する能力も兼ね備え、目には見えない室内環境も守ります。

屋根の断熱構造説明図

サッシ

LOW-Eガラス入り高断熱樹脂サッシ

サッシには遮熱LOW-Eガラス入り高断熱樹脂サッシを標準採用。樹脂製フレームとLOW-E複層ガラスにより、窓からの熱の出入りを軽減し、室内の温度を維持致します。
また、オプションにて世界最高水準の高性能トリプルガラス樹脂サッシAPW430もご選択頂けます。

LOW-E複層ガラス構造説明図

サンシャイン設計

一般的な住宅の軒の出(軒の長さ)は600mmですが、アニスティなら750mm。太陽高度が70度近くになる真夏の強烈な日差しをカットしつつ、太陽高度が低い冬場の貴重な日差しは遮らない絶妙な長さです。太陽光を効果的に利用することで、冷暖房の使用を極力抑えることができます。
オプションで、エコジオ仕様(900mm)もご選択いただけます。

標準仕様

メーターモジュール
重量・軽量鉄骨造(個別構造計算)
基礎
ベタ基礎
床断熱
オリジナル断熱床パネル
構造躯体の内外の二重断熱
壁の外壁材
旭化成ヘーベルライト(厚さ50mm)
壁の断熱材
ネオマフォーム
屋根断熱
オリジナル断熱屋根パネル
電磁波対策
特殊アルミ製ルーフィング
屋根通気
瓦下通気層
屋根瓦
三州陶器瓦
換気システム
24時間第一種熱交換型換気システム
サッシ
LOW-Eガラス入り高断熱樹脂サッシ
YKKAP APW330
サンシャイン設計
軒の出900

オプション

基礎
基礎断熱工法、ハイブリッド地熱システム
サッシ
YKKAP430樹脂サッシュトリプルガラス

鉄骨構造+二重断熱 エコジオ 施工事例